地学団体研究会Web::トップページ

「雪を押しのけて」(朝日団体研究グループ)

「雪を押しのけて」(朝日団体研究グループ)


今月のお知らせ

第73回地学団体研究会総会(東京)に関するお知らせ

  1. 1. 総会ホームページを開設しました!
    大変お待たせいたしましたが、総会ホームページを開設しました。

    リンクはこちら「第73回 地学団体研究会総会(東京)」

  2. 2. 「参加申し込みはがき」について
    「そくほう」5月号で、巡検申込みについて、「同封の参加申し込みはがき」で申込みくださいと掲載しましたが、そくほう6月号に同封予定です。お詫びして訂正させて頂きます。

(2019.5.23)

→詳細はこちら

松本支部例会のお知らせ

  1. 日時:2019年5月25日(土)
  2. 会場:信州大学理学部
  3. 内容:1)13:30〜14:50 2019年度支部活動計画と近況報告
  4.          2)15:00〜16:30支部例会講演会「付加体論から見た白亜紀の日本列島形成史、および信州の地質構造改変」
  5. 講師:常盤哲也会員(信州大学理学部准教授)

(2019.5.1)

→詳細はこちら

原発と核のゴミを考える市民向け講演会
『核のゴミどうするの?』

  1. 日時:2019年6月8日(土)14:00〜16:00
  2. 会場:ウエスタ川越多目的ホールD(川越駅西口徒歩7分)
  3. 内容:1)「原発と核のゴミ問題行き先は」
  4.                   講師:関根一昭(地学団体研究会員、元県立高校地学教師)
  5.          2)「福島第一原発の汚染水はコントロールされているのか」
  6.                   講師:末永和幸(地学団体研究会員、地下水を中心とした地質コンサルタント)
  7. 会費無料・事前申し込みは必要ありません。
  8. 主催:地学団体研究会埼玉支部
  9. チラシのダウンロード(PDF 303KB)PDF_icon

(2019.5.1)

→詳細はこちら

第53回構造コロキウムのお知らせ

個人発表を中心とした発表会を行っています。発表を希望される方は別記の要領(詳細はこちら)でお申し込みください。

  1. 日時:6月22日(土)13時30分~テーマ討論会・学習会
  2.          「本州中央部の地形特性とテクトニクス」(終了後懇親会)
  3.          6月23日(日)9時30分~定例個人発表
  4. 会場:芝学園高校(港区芝公園3-5-37)

(2019.5.1)

→詳細はこちら

2019 年度会費の前納、未納会費の納入をお願いします

  1. • 会費は、一般9,000 円、学生・院生1,000 円(学年を記入してください)、夫婦12,500 円、 高齢者会費(前年度中に80 歳以上の会員で希望者)4,500 円です。
  2. ・会費の納入済み年度は、そくほう12月号を送付した封筒宛名の氏名横の( )内に記載されています。この年度の翌年からの会費を同封の振替用紙でご送金ください。
  3. ・記載のない方は、口座振替の方、2019 年度の会費が納入されている方などですので、ご送金の必要はありません。

(2018.12.12)

→詳細はこちら

災害等に見舞われた場合の会費減免措置について

会員が災害等に見舞われた場合の措置について、2017年総会で以下のような会費減免の規定を決定しました。(細かな内容は、「そくほう」734号・p7をご覧ください)
会費減免措置の申し合わせ事項
『会員が、激甚災害指定地域に居住し住居等に被害があった場合に会費減免を申請することができる。申請は具体的な被害状況を報告し、これを元に全国運営委員会が当該年度または翌年度いずれかの会費減免を決定する。』
6月以降の関西地域の地震・台風被害、西日本豪雨や北海道地域の地震で被災された方で、希望される方は事務局までご連絡ください。

(2018.11.11)

→詳細はこちら

「チバニアン(千葉時代)解説パンフレット」「総会資料集(講演要旨・巡検案内)」を頒布します

8月の市原総会に向けて市原総会準備委員会では「チバニアン(千葉時代)解説パンフレット」を作成しました。A5判32頁オールカラーで、内容は一般の方にもわかるように、地形地質から古地磁気、火山灰の話など盛りだくさんです。
また、総会資料集も若干残部があります。

  1. 「チバニアン」1部100円(送料10部まで80円)
  2. 「総会資料集」1部1,500円(送料180円)
  3. 申込先:E—メール、FAX、郵便で地団研事務所まで。

(2018.11.11)

→詳細はこちら

若手支援カンパをありがとうございました

今年度の若手支援カンパは、70名の会員、会員外方からご協力いただき、32万円が集まり、学生・院生に204,900円の支援を行いました。宿泊者には本人負担が1泊2,500円になるように越えた分を支援、巡検はCDEコースについて半額支援、ポスター発表者は交通実費の半額支援を行いました。大変ありがとうございました。(全国運営委員会事務局)

(2018.11.11)

→詳細はこちら

「地学教育と科学運動」の投稿者の方へ
カラー頁が2頁まで無料になる場合があります!

カラー図面掲載頁の自己負担金について、規定を変更し、82号(2019年6月発行予定)掲載の原稿から“カラー印刷の希望があり、編集委員会がカラーでの掲載を妥当と判断した場合、2頁までを無料”とします。詳しい条件等は詳細ページをご覧ください。 (全国運営委員会事務局・地学教育と科学運動編集委員会)

(2018.11.11)

→詳細はこちら

第72回地学団体研究会総会(市原)総会声明

8月18日に開催された第72回地学団体研究会総会(市原)では、下記の総会声明を採択しました。

  1. 「高レベル放射性廃棄物の処分について第三者機関による総合的検討と原子力政策の抜本的な見直しを求める」2018総会声明
  2. ※声明文の全文はアイコンをクリックするとダウンロードできます。

(2018.10.01)

→詳細はこちら



ニュース